糖質制限中のランニングについて

スクリーンショット 2014-08-18 11.57.10

一般にトレーニングの1〜2時間前までに栄養を補給しておくべき

一般論ですが、トレーニングを行なう1〜2時間前までに栄養を補給しておくべきです。炭水化物(糖質)を取ってもらってOKです。これは空腹な状態で筋トレ・ランニングなどのトレーニングを行なうと、筋肉を分解してエネルギーを捻出しようとする為です。

ただし時間は重要で、私の通うパーソナルトレーニングジムのインストラクターは、(1時間前までに)補給できなければ、意味がないので、摂らない方が良いと言います。

[top]


かなりシビアに糖質を制限している場合は注意が必要!

私も過去に試したことがありますが、1日の糖質摂取量が40g以下など結構シビアに糖質制限を行なっている場合、トレーニングをしなくても、(体質によるらしいのですが)頭痛になったりしていました。

そもそも、はなうたキッチンで推奨しているのは、1食20g以上40g以下、1日60g以上120g以下の糖質を摂取する、「糖質制限食」なので、上記は該当しないのですが、シビアに行なっている場合は、トレーニング前のエネルギー摂取は強くオススメします。

時間に余裕がある時は、以下などがオススメ。

  • おにぎり
  • パン
  • うどん
  • そば

時間に余裕がない時は、(トレーニング1時間〜30分前など)がオススメです。

  • バナナ
  • ゼリー(ヴィダーウィンゼリーの様なもの)

[top]


ゆるい糖質制限食の場合はあまり気にしなくてよい。

ライフメイトがオススメする”糖質制限食”(くどいようですが、1食20g以上40g以下の糖質を摂取する食事。カロリーは気にしなくてOK)を減量を目的に実施している場合はあまり気にしなくても大丈夫です。(運動強度によりますが)ランニングくらいの運動に必要な糖質はきちんと摂れているからです。

ただしタイミングは重要で、やはり空腹でランニングすることは避けてください。

また、

  • ランニング中にスタミナが切れる
  • ランニング後に頭が”ぼぅっ”とする
  • ランニング後に空腹感が凄まじくバカ食いしたくなる

という様な人はくれぐれもトレーニング前の栄養補給を忘れないようにしてください。

 [top]


自分の体に合わせたスタイルを見つけよう!

ランニングを行なう目的は当然人によって違います。

  • 減量(ダイエット)の為
  • 健康維持の為
  • 心身の調子を整える為
  • 趣味として

など様々です。なので一概に同じ調整方法というものは決まっていません。糖質制限中に減量を目的としてランニングを取り入れる際の注意事項は以下の2つです。

  • 空腹状態では行なわない。
  • ランニング前に糖質を普段より摂るかどうかは、自分の体と相談して決める

です。糖質制限中にランニングを効果的に取り入れることが出来れば、減量効果は大いに期待できます。無理をせず、自分のペースで色々と試してみてください。

[top]

美味しく食べてダイエット!? おいしい糖質制限食は『はなうたキッチン』