糖尿病がひどくなった場合の症状について

6353d379b076cd7dd9da37cb390c05e3_s

初期の段階では自覚症状はほとんどないのですが、もしもひどい糖尿病になった場合にはどのような症状が起きるのでしょうか?

合併症は多くが神経の障害で、さまざまな神経が働かなくなることで、いろいろの症状が現れます。

そこで、その神経についてまずは調べておきましょう。

 

神経の基礎知識

神経とは「中枢神経」と、そこから枝分かれしている「末梢神経」の2種類に分かれ、糖尿病の場合には「末梢神経」に障害が起こります。

この「末梢神経」は血管と同じように身体中に張り巡らされ、すべての情報・指令は、脳と身体の末端を行き来しています。

ところで、末梢神経をさらに3区分すると、運動神経、知覚神経、そして、自律神経に分けられ、糖尿病として障害を受ける神経は、知覚神経と自律神経です。

それでは次に、この二つの神経が障害されると現れる症状を詳しく調べてみます。

 

糖尿病の症状・知覚神経が異常の場合

知覚神経とは、怪我をした時の痛みや冷たいと感じる知覚をつかさどる神経のことですが、糖尿病の場合に、なぜこのような働きが鈍くなるのか、知っておきましょう。

身体中の神経は血液によって栄養分を与えられる仕組みですが、糖尿病になっている血液は血糖値が高く、流れにくい状態です。

そのために栄養分が十分に与えられず、働きが十分ではなくなっているのです。

そのために神経障害が起こり、その一つに知覚障害があるのですね。

つまり痛さも冷たさも、そして熱さなども感じなくなってくるのです。

 

具体的には、怪我をしても、その痛みを脳に送ることができにくくなり、怪我などの症状が悪化することから、最終的にはその部分が壊死するまで気が付かないこともあるのです。

そんなことにならないように、以下の状況には注意しましょう。

 

・手足のしびれやピリリとした感触があるとき

・素足の時にも足の裏に異物感を感じるとき

・まっすぐに立っていることが困難なとき

・目を閉じた状態での足踏みをした時、場所が動いてしまうとき

・指先が鈍くなって、細かい作業が難しくなったとき

・足が時々、つる

・怪我、やけどなどの痛みに鈍くなっているとき

 

さて、我が家の留学生は時折スポーツジムに行きますが、その翌日、足の筋肉が痛いと言うことがありました。

知覚神経はきちんと働いているのだと、ほっとする私でした。

 

糖尿病の症状・自律神経の異常の場合

自律神経は心臓、胃、膀胱、血管などの動きをきめ細かに調節する働きがあります。

必要な時に自然に内臓を適応させるわけですが、これが高血糖の血液であるために栄養が足りない自律神経は働きが鈍り、次のような障害を引き起こします。

・立ちくらみやめまい、汗が出過ぎたり少なかったりする

・胃もたれを起こしたり、下痢、便秘などの症状が起きる

・膀胱がきちんと働かない

気が付かない間に、食べ過ぎ、飲みすぎ、そして、血糖値の変動にも異変が起きます。

さらに腸の働きも正常ではないので、下痢や便秘などを繰り返すこともあります。

但し、糖尿の場合の下痢は腹痛もなく、長期に渡っても体が衰弱することはさほどありません。

 

まとめ

糖尿病は気がつかぬ間にどんどん進行する危険な病です。

とくに、知覚神経による痛みの有無、あるいは、自律神経の異常による立ちくらみやめまいなどは気をつければ分かる症状です。

見逃すことなく、すぐ病院での検査を受けてください。

身体の隅々にまで糖尿病によって健康が犯され、最終的には命を落とさないとも限らないこと、覚えておきましょう。

 

ところで、我が家の留学生は日本滞在の間、一度も医療機関に行かずに済んでいますが、これは自分の医者がいないからかもしれません。

みなさんも近くに医者がいるから大丈夫なんて、まさか思っていませんよね。お大事になさってください。

美味しく食べてダイエット!? おいしい糖質制限食は『はなうたキッチン』