糖質制限中の中華料理!何を選んで食べればいいの?

餃子

おいしいけれど… おかず自体に糖質が多い中華料理

はなうたキッチンがオススメする、糖質制限ダイエットでは、おかずは今まで通りご飯の量を半分にするだけ。(1食当りの糖質量を20g以上40g以下で行なう)ということを提唱しています。ただ注意が必要なのは、中華料理です。

筆者は中華料理が大好きです!ですがそのおいしさの影に以外な糖質量ほ誇る食品もあるのです。以下に代表的な中華料理の糖質量を紹介していきます!

[top]


ご飯を抜いて餃子を食べまくる!はNG

そもそも中国では、餃子自体おかずという認識ではなく、主食なのです。焼き餃子でなく、水餃子や小籠包が主流ですが、食事の “シメ” に食べます。最初に注文しようものなら、中国人の友人には「それはサイゴ!」と怒られます。

餃子は、餃子の皮も含む為、糖質量が多く、1個あたり7〜9gの糖質が含まれています。6個食べたら下手すると50g近くの糖質量になってしまい、1食当りの制限を超えてしまいます。

悲しいですが、餃子は友人や家族が食べているものを少し分けてもらう程度が件名なようです。

[top]


唐揚げは、、、、OK!!

唐揚げは中3個当り(100gくらい)に、3.6g程度の糖質が含まれています。脂肪分は多いですが、糖質制限ではカロリーは問題にしていないので、問題なし。

 [top]


麻婆豆腐・チンジャオロースー・エビチリもNoProblem!

  • 麻婆豆腐は1食あたり10程度
  • チンジャオロースーは9g程度
  • エビチリも1食あたり10程度
  • また、バンバンジーも10g程度

です。心ゆくまで中華を堪能できます。

[top]


酢豚はOKでも注意!

酢豚は1食当り22g程度の(とろみの部分が糖質が多いのです)が含まれるので許容範囲内ですが、食べ合わせによっては、1食40g以下を守れなくなる原因にもなりうりますので注意が必要です。

以上、糖質制限中の中華料理!でした。

[top]

美味しく食べてダイエット!? おいしい糖質制限食は『はなうたキッチン』