低血糖発作の症状は?小児の2型糖尿病を周囲の大人が理解して

食事の遅れ、運動の最中や終了後などが低血糖発作の原因に インスリン製剤や経口血糖降下薬を使っている場合、低血糖というリスクは常につきまといます。たとえば、インスリンや経口血糖降下薬の量が適切でない、食事の時間の遅れや食事量が少ない、強い運動や運動時間が長い、飲酒などが低血糖の原因となります。 特に運動は血糖降下作用が長く続く場合が多いので、運動中や直後だけでなく、終了後しばらくたってから夜間や翌朝・・・ >> 記事を表示する

赤ちゃんの糖尿病は遺伝のせい?

新生児の糖尿病 生後1ヶ月以内に高血糖のためにインスリンの投与が必要になり、その状態が2週間以上持続するものを「新生児糖尿病」といいます。発症頻度は40万人に1人と言われていますから、非常にまれな病気といえます。 新生児糖尿病には、高血糖が一時的で、インスリン投与後に血糖が正常になる一過性と、高血糖状態が持続する永続型があります。一過性のものは、インスリンを投与していると、数ヶ月ぐらいでインスリン・・・ >> 記事を表示する

小児の2型糖尿病でも薬物治療をするの?

子どもの糖尿病の薬物療法に関する原則 1型糖尿病はインスリンを分泌する膵β細胞がこわれていく病気なので、遅かれ早かれインスリン注射が必要になり、経口血糖降下薬を使うことはほとんどありません。それに対して、2型糖尿病の治療では食事療法と運動療法が中心になりますが、それでも血糖がコントロールできないときは、経口血糖降下薬やインスリン製剤を使うことがあります。 主な経口血糖降下薬は、αグルコシダーゼ阻害・・・ >> 記事を表示する

運動は理想的治療!2型糖尿病の子どもに身体を動かす楽しさを

運動療法は子どもの2型糖尿病の理想的治療法 運動するとエネルギーが消費されるので、血糖が低下します。運動の血糖降下採用はとても大きく、運動をしている最中だけでなく、通常は、運動後もしばらく続きます。 これは、すぐにあらわれる運動の効果ですが、それだけでなく、肥満の解消などのように、運動を継続することによってあらわれる効果もあります。むしろ、糖尿病に対する影響としては、運動の継続によってもたらされる・・・ >> 記事を表示する

美味しく食べてダイエット!? おいしい糖質制限食は『はなうたキッチン』